出産準備に奔走する【ちゃみのブログ】

出産準備とか子育てとかたまに趣味のこととかにゆる~く奔走する。

【沖縄北部】オススメかき氷屋さん【冷たくてあま~い】

こんにちは、ちゃみです。
暑い日が続きますね。
まだ八か月なのにもう10キロに迫る勢いの息子を、毎日汗だくで抱っこしています。
生まれたときから大きくて、そのうち平均的になっていくよ、と言われたのが、二か月の頃。
ハイハイし始めたら、締まっていくよ、と言われたのが、五か月の頃。
あんよを始めたら、痩せていくよ、と言われる、今日この頃。
一向に、平均的な大きさになっていかず、大きなままなんですが……
むしろ、筋肉がついて、肉厚&ガッシリして、身が詰まってます!といったご様子。
元気に育ってくれればオールオッケーなんですが、抱っこ大好きだから、母は辛いよ。涙

 

 

さて、暑い中、体温が高い息子を抱っこしていると、無性に冷たいものが食べたくなります。
特に、かき氷が大好きなのです!
どこも有名店なのですが、フワフワ、絶妙な甘さ、都会では出会えないリーズナブルさで、本当に好きです。毎日通いたい。

 

 

 


沖縄のかき氷といえば、ぜんざい。
冬に食べる、あったかくて、お餅が入っているあれとは違って、金時豆の上に、氷、練乳がかかっています。

 

新垣ぜんざい屋

一品で勝負してる度★★★
金時豆の大きさ  ★★★
田舎のばあちゃんちに帰ってきた感★★★

 

言わずと知れた、本部町にある新垣ぜんざい屋さん。
近くに有名な「きしもと食堂」さんがあることでも有名ですね。
向かいに、町営市場もあって、そこも小さなカフェや雑貨屋さんなんかがあるので、
ぶらっと立ち寄ってみても。かなり雰囲気のある場所で、映えそうなロケーションです。
こじんまりとした佇まいで、店内もそんなに広くはありません。
メニューはぜんざいだけ。テイクアウトも出来るので、地元の人も立ち寄っています。
そして、まさか食券制度を採用!

この食券販売機が面白いので是非現地で見てほしいです。(二十人分一括で買えるボタンが!地元の人とかが、ゆんたくするのに買っていくのかな?)

必要な人数分のボタンを押し、お店の人に食券を預けて座ってまつだけのシンプルスタイルです。

昔ながらのかき氷機のガリガリと氷をかく音と、のんびりと流れる時間。

まるで、田舎のおばあちゃんちに来たような懐かしい気分になります。
昔は一杯250円と破格の安さだったのですが、材料費の値上がりで現在は350円に。
それでも安いです。

 

f:id:chami_star:20190902224033j:plain

一度味わうと、また食べたくなる美味しさ
お味

ふっくらと炊きあげられた大粒の金時豆の上に、フワッフワの氷がかかっています。
この金時豆がとっても大きくて、親指の第一関節くらいあります。
それだけ!余分なものは一切ない、シンプルイズベストな一品。
お豆の甘さが絶妙で、甘すぎないのに、甘い。
噛めば噛むほど、口の中に優しくてどこか懐かしい味が広がります。
甘いお豆とキンキンに冷えた氷の喉越しは最高。最後お皿に残った溶けた氷とお汁とごくごく飲むと、火照った体が冷えて、まだまだ遊ぶぞ!という気分にさせてくれます。
冬に訪れて、寒い中かき氷を食べるってのも、なかなかオツなんですよね。(沖縄の冬は本州ほどの寒さじゃないので意外とイケる)

 

ひがし食堂

 

地元食堂の雰囲気を味わえる度★★★
氷の山盛り度★★★
ミルクと氷と小豆と白玉のハーモニー★★★


名護市の町中にある、言わずと知れた有名店です。
食堂とある通り、沖縄料理が食べられます。
駐車場が小さくて、中々止められない。
順番待ちが、紙に書いたりする方式ではなく、狭いスペースで来た順に並ぶアバウトな方式なので、店員さんが把握しきれず、順番が前後しちゃいそうになったり。
そんなときは、慌てず騒がず、うちが先なんですけど~とアピールしたり、お客さんが譲り合ったり。
メニューも、チャンプルーや野菜炒め、沖縄そばといった、家庭料理が中心。
観光客だけでなく、地元の人もよく来るお店です。
ミルクぜんざいが有名ですが、定食も美味しいとの評判です。
実はいつも混んでいるので、ぜんざいだけを目当てにしてしまい、まだ普通の食事をしたことがありません。
次こそは、定食にチャレンジしたいところ。

f:id:chami_star:20190902224327j:plain

一杯390円で楽しめる最高の氷菓

f:id:chami_star:20190902224555j:plain

人気の氷メニュー

f:id:chami_star:20190902224720j:plain

食事メニューはこんな感じです
お味


食べてきたぜんざいの中で、一番バランスが取れています。

ぜんざいオブぜんざい。
ミルクの甘さ、小豆の甘さ、どちらもクドくならず、最後まで飽きずに食べられます。
最後に残ったお汁の中に白玉が浮かんでいると、嬉しくてにっこり。
(基本的にはもっちりとした美味しい白玉なんですが、たまにゆですぎ?でクタクタの時が笑 今日は、特に忙しいのだなーと思ったりして、それはそれで味なのです)
きめ細かい氷がずっしりこんもり、お皿に乗ってきます。
いつも不思議なんですが、かいた氷が、これでもかとギュッと詰まって出てくるのに、
決して固くならず、スプーンを入れるとサクッと刺さって、すくってみると
絶対にフワフワで、口に入れた瞬間に溶けるのは、どういう原理なのだろう……
本当に不思議です。
一つでかなり大きいので、子どもさんが一人で食べきるのは、少しキツいかもしれません。
一番人気はミルクぜんざいですが、他のかき氷も美味しいですよ。

369farm café

 

素材のこだわり度★★★
地元のフルーツを中心に色んなフレーバーが選べる度★★★
オーナーさんの素敵度★★★


こちらも名護市内にあるお店です。
小さなプレハブで営業していて、オーナーさんのご主人が栽培されているマンゴーやコーヒーが、カフェで使われています。
店内に待合スペースがないため、名前を伝えた後、駐車場の車内で待つ形になります。
シロップや練乳は全て手作り。素材からこだわっているお店です。
ティラミスやマンゴー、パッションフルーツと、映えるかき氷も多いのですが、
それよりなにより美味しい。
オーナーさんが素敵な方で、息子がぐずってしまったときにも、笑顔で声をかけてくださったり、何も掛かっていない氷を息子用にと、小さな器に出してくれる気遣いまでして頂きました。
冷たい氷を、初めてもぐもぐした息子は、顔を真っ赤にしてムズがっていたのに、至極ご満悦になり、その後ニコニコ。
わたしもゆっくり氷を食べることが出来ました。本当にありがたかった。
かき氷のほかにもプリンパイの販売も行っています。プリンパイは夏季の繁忙期に取り扱いをしていないので、再開したら是非また食べに行きたいなと思っています。

f:id:chami_star:20190902225542j:plain

変わった味のかき氷も

お味


マンゴーが旬の季節に行くと、期間限定でマンゴーのかき氷を食べることが出来ます。
名付けて『完熟マンゴ―デラックス』

f:id:chami_star:20190902224817j:plain

これぞ、南国の宝石



お値段は通常サイズだと1100円、小サイズだと741円。
マンゴーの果肉が惜しみなく使われ、氷の頂点にはバニラアイス。
そして、シロップは自家製の練乳か、ヨーグルトかを選ぶことができます。
これ、東京とかで食べたら絶対2000円とかするやつでしょ、というくらいの味、量、クオリティー
食いしん坊のわたしはいつも通常サイズを頼みますが、実は小サイズでも十分に大きいサイズです。え、これ小なの?と言いたくなりますよ。
マンゴーも良いのですが、旦那とわたしの一番のお気に入りは黒みつ369ぜんざい。

(小サイズ400円。通常サイズ540円)
これがね、また美味しいんですよ。

f:id:chami_star:20190902224921j:plain

濃厚な黒みつと爽やかなミルクのコンビネーション



フワフワぎっしりの氷の上に、黒みつと練乳のシロップがハーフハーフで掛かっています。そして、氷のどこを掘っても、そのシロップが絶妙に沁み込んでいて、味のしないところがありません。
その上にバニラアイスがポコン。黒みつと練乳の味を交互に楽しみつつ、お皿の底に眠る、あま~い小豆と白玉くん。
すっきりとした手作りの甘さで、これまた一滴残さずペロリと食べられます。
たまに、閉店時間を待たずして、完売してしまうことも!

 

f:id:chami_star:20190902225122j:plain

黒みつ&きなこのコンビもイケます

この他にもまだまだ行きたいかき氷屋さんがたくさんあります。
こんな美味しいかき氷を、こんなリーズナブルな価格で味わってしまったら、もうそんじょそこらの物では納得できない気がする。
舌が肥えたとはこのことか笑
沖縄の夏はまだまだ長いので、新規開拓もしたいなぁと思っています。

 

まとめ


三店舗に共通して言えること

駐車スペース、待合スペースが少ない

町中にある、個人さんのお店なので、どこのお店も駐車場があまり広くないです。

そのため、駐車スペースを見つけるのが大変だったり。
また、待合スペースも狭いため、外や車内で待つことになったり、暑かったり。
汗かきの旦那はいつも汗だくで待っておりますが、
「この暑さが、かき氷を美味しく食べる最高のスパイス」
と申して耐えております笑

 

テイクアウトもできる


予定の都合で、長時間待っている余裕がない、もしくは、待つのが苦手という方には、テイクアウトもオススメ(紹介した三店舗ともテイクアウト可)
テイクアウトの方が、待ち時間が短いので、どれくらいの時間でテイクアウト出来るか聞いてみる価値がありますよ。
でもやっぱり、お店の中で、ゆっくり、たっぷり、じっくり食べたいんですよねぇ。

 

 

 

さて、息子と旦那が寝静まった夜。
こんな記事を書いていたら、とってもかき氷を食べたくなってきました。
暑い中食べる氷は、本当に美味しい。
授乳中のせいか、食べても全然太らないのですが、卒乳してからもこの食欲が抑えられる気がしなくて、今から少し怖い気持ちになっているちゃみでした。

 


ちゃんちゃん。